忍者ブログ
[361]  [357]  [360]  [359]  [358]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昼飯は御当地グルメを楽しもう!とドカチン婦人お薦めの店へ



「味太助」の初代、佐野啓四郎(故)が昭和二十三年、
仙台市中心部に牛タン焼きの専門店を開き、
全国にその味を広めたことによる。

佐野啓四郎は、山形県西里村(現河北町)の農家の二男として生まれた。
東京で料理の修業をしていた二十代の頃(昭和十年頃)フランス人のシェフから
シチューなどに使う牛タンの味を教わり、 日本人好みの味付けに工夫を重ねた。


「昭和十年頃だったかねぇ。
東京で日本料理の修業をしている時に知り合ったコックが言うんだよ。
牛の舌ほどうまいものはないってねぇ。
まさか、と思って自分で焼いて食べてみたら、これが本当にいい味なんだ。」

牛タン焼きの生みの親、佐野啓四郎は、初めて牛タンと出会った頃をこう振り返った。
 佐野啓四郎は、戦時中は焼き鳥の屋台を引いたりして
花巻市、白石市、宮城県柴田町などを転々。
戦後間もなく仙台にやってきた。
開店当時は、物資不足の時代。
材料が手に入らず、
朝一番の汽車に乗って山形まで買い出しに行くことも多かった。
物がなくても、牛タン一筋で店を続けていくというこだわりの表れである。
佐野啓四郎は、平成6年3月15日に他界したが、
その後、長男の佐野和男(現店主)が「味太助」を引き継いでいる。
太助の歴史より




御主人の手際良い焼きっぷりで待ち時間無し!





つけ合わせの白菜で食欲増進。。。

オレは大手有名店より好きだナ!味 太助



御当地グルメを堪能後は、波乗りした名取川の上流へ紅葉見物へ。
秋保大滝



水の美味しい山中で(○`〜´○)モグモグ手打蕎麦は絶品。



店に入ると「いらっしゃい」ではなく
「おかえり〜」と声をかけてくれる御主人の言葉。
スズメのお宿:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字新田町89-4



紅葉も終盤を迎えてる!って事だけどメチャメチャ綺麗。



長距離ドライブで疲れた身体を秋保温泉の露天風呂で癒し
夜のグルメへ
(執筆中)

1:午前の部(波乗編)
2:午後の部(グルメ編)
3:午前の部(夜編)
4:午前の部(朝市編)
5:午後の部(波乗編)
6:午前の部(紅葉編)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
HN:
oo73.com
HP:
性別:
男性
自己紹介:
心からサーフィンを楽しむヒトトキを報告してます。極めて気侭な内容で記事や表現に不適切な部分や文章もあるかもしれませんが宜しくお願い致します!

お気軽にコメントください♪(コメントは承認制です)

メッセージはコチラより
Typhoon
Comment
[12/15 KAZU]
[11/28 yukari ]
[09/27 まゆ]
[09/21 まゆ]
[08/31 WAK]
[08/02 Sugiyama]
[07/15 まゆ]
[07/15 えみ]
[07/05 えみ]
[07/03 えみ]
Counter
Analysis
忍者ブログ
■■■oo73.com All Rights & Photography Reserved.■■■
[PR]